HOME>アーカイブ>若いうちに加入をすると毎月の掛け金が低く済みます

未来を見据えて

説明する人

日本人の平均寿命は、世界でも群を抜いて高いと言われています。男女共に80歳を超えていて、まさに人生100年時代の到来と言われています。それを下支えしているのが、日本の医療ではないでしょうか。がんを筆頭とする三大疾患に襲われてしまったとしても、早期の発見と治療で治る時代がやって来ました。しかし、ネックになるのが多額の治療費だと言われています。安心して治療に専念するには、がん保険に必ず入っておくべきです。昔のがん保険は、入院と死亡給付にウエイトが置かれていました。ただ、最近のがん保険は様相が変わって来ています。それらを比較して、自らのライフスタイルに合った保険を選択するべきです。

先進治療のメリット

INSURANCE

がん保険には様々なタイプがあり、年齢や病歴によって加入が制限されることがあります。また、がんと診断された際に受け取れる一時給付の金額も、各々の保険によって異なります。近年、がんの治療方法は格段に進化を遂げています。先進治療特約を付けておくと、痛みや副作用のない治療を受けるチャンスが生まれます。がん保険の比較に関しては、インターネット上の口コミが参考になります。経験者の声に目を通すことで、ベストなチョイスが出来るはずです。

加入可能なお店

夫婦

がん保険に入れるお店は、保険会社だけではありません。最近は金融機関においても取り扱っていますし、専任のファイナンシャルプランナーがいるので、商品の違いを分かり易く説明してくれるのではないでしょうか。がんの治療と言えば、かつては長期の入院が当たり前でした。しかし、現在は外来で治療を行う患者さんも増えています。通院給付が手厚いがん保険にすることで、タクシー代金に充てることも可能です。色々な条件を比較して、経済的な負担を少なくして下さい。